●地域に密着し、信頼が得られるよう、患者様を中心としたリハビリテーションの提供ができるように努めます。
●患者様の意思、権利を尊重し、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカーなどのチームアプローチにより、入院からの退院後の外来・通所・訪問部門の治療および訓練で、質の高いリハビリテーションの提供を心がけています


●兼行病院リハビリテーション科施設基準●

脳血管疾患リハビリテーション
運動リハビリテーション
呼吸器リハビリテーション

訓練施設敷地面積 231.49u
通所介護リハビリテーション敷地面積 30u

ひとりひとりの笑顔を大切にしたい

        ごあいさつ
 当院リハビリテーション科の対象患者様は地域の特性もあり、高齢者の方が大半を占めます。 そのため急性発症後の脳血管疾患、脳出血や脳梗塞の後遺症、関節の変性疾患、骨折や外傷に対する手術後、内科的疾患により著しく体力が低下した方などが対象になります。
当院ではリハビリテーションを効果的に進め早期の在宅復帰を目指すため患者様を中心に捉え、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカーなどが連携して診療にあったています。
また、1人1人の患者様にとって満足度の高いリハビリテーションが提供できるよう全力を尽くすことを心がけて治療・訓練を行っています。

|| 次 へ ||